爪水虫って何?

爪水虫とは何でしょう?
爪水虫の正式名称は爪白癬(つめはくせん)といって、
白癬菌という真菌が原因で起こる感染症なんです。

特に足に感染することが多いのですが、爪水虫に感染していても痛みやかゆみがないため、自覚症状がないんです。

そのために放置しやすいのですが、放っておくと、
爪が黄色くにごったり、爪が太くなったり、ボロボロになったりします。
そして、それに10年以上悩まされている人も多いんです。

やっかいなことは、爪水虫は感染症であるということです。
家族に水虫を持っている人がいる場合、うつりやすいんですね^^;

なので、爪水虫を元から断とうと思うなら、家族も一緒に治療したり、薬を塗ったりする必要があります。

それが しつこい爪水虫 と言われる所以ですね^^;

今までは、爪水虫は塗り薬では爪の中に浸透しにくく、なかなか治りにくいものでした。
そのために治そうと思ったら爪水虫の専門医の診察を受ける必要があったのですが、
Dr.Gs クリアネイル は、米国特許の浸透技術を使い爪に浸透させることに成功させました!

ぜひ、Dr.Gsクリアネイル を使って、爪水虫が広がらないうちに対処した方がよいでしょう。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ