爪水虫:塗り薬と飲み薬の違い

爪水虫の薬には、大きく分けて塗り薬と飲み薬の2種類があります。
一般に、日本の皮膚科で処方される薬は飲み薬で、
イトラコナゾールかテルビナフィンのどちらかを使った飲み薬の治療しかありません。

しかし、医療先進国であるアメリカでは、塗り薬でも画期的な手法を用いた塗り薬があります。
それが Dr.Gsクリアネイル です。

では、Dr.Gsクリアネイルの魅力を・・・
と説明する前に、まずは飲み薬と塗り薬の違いを知る必要があります。
その違いは何でしょうか?

まず、現在日本で使用されている薬に入っているイトラコナゾールやテルビナフィンは、白癬菌を死滅させることができます。
これらの成分は足の裏など、皮膚に存在する水虫には塗り薬でも有効です。
実際、ラミシールラミシールという、皮膚用の水虫薬は、テルビナフィンを配合した塗り薬になっており、評判になっています。

ただし、問題は爪水虫の方で、爪は固い組織であるため、
塗り薬として外部から浸透させようとすると、なかなか難しいんです。
全く浸透しないわけではないのですが、塗り薬だけで治療しようとするのは難しいんですね。

なので飲み薬によって内部から血管を通して成分を爪の裏側まで運び、治療しようという方法が採用されているわけです。
しかし、ここで心配されるのは副作用です。
殺菌作用のある成分を飲むのは怖いことですよね^^;
一般に、肝機能に影響があるため、肝機能が弱っている方は飲むことができません。
なので、現在日本では医師による処方が必要になっているんです。

まとめると、

・塗り薬は副作用は少ないが、硬い爪の上からは患部に浸透しにくい
・飲み薬は患部に殺菌成分を届けることはできるが、肝機能への副作用がある

ということが言えますね。

そこで登場した画期的な薬が、 Dr.Gsクリアネイル です。
Dr.Gsクリアネイルは米国特許の浸透技術を使った塗り薬で、爪を浸透できるようになりました。
つまり、今までの塗り薬の欠点と、飲み薬の欠点を克服したというわけです。

今まで、塗り薬では爪水虫は治らないと言われてきましたが、
この Dr.Gsクリアネイル が爪水虫治療の方法を変えたと言えるでしょう。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ