巻き爪・陥入爪は、爪水虫が原因の場合も

爪が変形して起こる、巻き爪や陥入爪(かんにゅうそう)。

巻き爪と陥入爪は混同されることも多いのですが、
巻き爪は横方向に爪が巻いたようになることで、
陥入爪は、爪の角が刺さって炎症を起こしている状態のことです。

巻き爪と陥入爪は厳密にはこのような違いがありますが、併発することが多いようです。

これらは、先の細い靴やサイズの合わない靴などによる圧迫や、深爪などで起こりますが、爪水虫(爪白癬)によって起こる場合もあります。

爪水虫が繁殖すると、爪の色が変色したり、形も変形してきます。
形の変形はまさに巻き爪に発展する可能性があるのですが、
爪の色の変色も、多くの人はその部分を早く切ってしまおうという考えから、
ついつい深爪をしてしまうものです。

そうなると、どんどん伸びるたびに爪が巻いてくるようになり、
さらにそうならないように深爪するという悪循環が発生してしまいます。

陥入爪になってしまうと、皮膚が炎症しているので、ちょっと何かにぶつかっただけでも耐えがたい痛みが走ります。
陥入爪になると病院で治療が必要です。

そうならないためにも、爪水虫に気づいたら放置せず、早めに退治しておきましょう。

Dr.Gsクリアネイル は、今までの塗り薬と違い、米国特許の浸透技術を使用した
爪水虫専用の塗り薬です。
アメリカのネイルサロンでは大人気の商品ですので、ぜひ爪水虫対策にご使用ください。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ