爪水虫は家族にもうつります。

爪水虫(爪白癬)は、爪水虫は痒みや痛みが伴わないため放っておきがちですが、
放っておくと他人に迷惑をかけてしまいます。
爪水虫は細菌であるため、他人にもうつりやすいんですね^^;

爪水虫、水虫の感染の原因の多くは家族内感染が多く、
バスマットやスリッパなどから感染することが多いんですね。

家族内で感染すると、例え治療しても家族で細菌を共有しているため、
キャッチボールのように感染を繰り返してしまいます。

そして、水虫、爪水虫の弊害は、足だけではありません。
股部白癬(インキンタムシ)や頭部白癬(シラクモ)、
体全体にできる体部白癬(ゼニタムシ)なども同じ白癬菌によるものです。
特に小さなお子様がいる方は大変ですね^^;
また、糖尿病をお持ちの方は、細菌が感染した部分が化膿することで、
合併症を引き起こすこともあります。

なので、家族の一人に爪水虫がいる方は早めの治療を勧め、
また家族全員できちんと治療することを心がけましょう。

Dr.Gsクリアネイル は、米国特許の浸透技術で、爪の上からも成分が浸透するように作られた、爪水虫専用の塗り薬です。
ぜひ、爪水虫が繁殖する前にお使い下さい。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ