爪水虫:以前治したのに再発?

爪水虫や水虫を治療して、すぐに再発したという方いらっしゃいますか?
実は、爪水虫や水虫は、再発しやすい病気なんです。
しかも、前回の記事で述べましたが、感染しやすい病気でもあるんです!

前回記事:爪水虫は家族にもうつります

そして、再発しやすいというのは、あなたの体質などが問題ではありません。
あなたの治療方法に問題がある可能性があります。
どういうことか?というと、

再発する多くの人は、自分の判断で治療を止めてしまいがちなんです。
爪水虫の原因である白癬菌が繁殖すると、爪の色が変色するわけですが、
治療をしていくうちに、もとのきれいな状態になってきます。
そこで、治ったと思って止めてしまうんですね^^;

病院に通院していた人は病院にいかなくなり、
薬を使用していた人は、その時点で薬を止めてしまいます。
そこが大きな落とし穴なんですね。

しかし、その判断の段階では、白癬菌がまだ残っている場合が多いのです。
白癬菌が残っているということは、すぐに繁殖しますよね^^;

では、どうしたらよいのか?というと、
病院に通院している方は、お医者さんに「完治しました」と言われるまで通い続けること、 Dr.Gsクリアネイル などの塗り薬を自分で買って治療している人は、見た目がきれいになった時点から、残っている薬を全部使い切ってしまうまで治療することです。

自分で治療している方は、あくまで目安となりますが、
目で判断するよりは効果はあると思います。

ぜひ、完璧に完治するまで治療を続けるようにしましょう。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ