爪水虫の弊害

爪白癬(つめはくせん)は、爪水虫が感染することで起こる症状ですが、
痛みやかゆみを伴わないため、放置しがちです。

爪白癬は、放置しておくと症状が進行するだけでなく、家族に感染してしまいます。
どのような症状があるのか?というと、

まず、爪の色が濁ったり、ボロボロになったり、変形したり、厚くなったりします。
このようになると、爪切りで切ろうとしても、厚いためになかなか思うように切れません。
そして靴がはきづらくなり、歩くと爪に圧迫されて痛みを伴うようになります。
仕事の時に常に痛みと闘わなくてはならないので、大変ですね^^;

しかし、もっと危険な場合があります。
病気にかかった場合に免疫力が落ちますが、その際に細菌が患部に感染して化膿し、合併症を起こす危険があります。
特に糖尿病などは合併症を起こしやすいほど免疫力が落ちますので、非常に危険です。

爪水虫はしつこいので、自然に治ることはあまり考えられません。
なのではやめに対策をするようにしましょう。

Dr.Gsクリアネイル は、米国特許を取得している爪水虫の塗り薬です。
ネイルサロンでも使用している塗り薬で、今までの塗り薬にない浸透力を持っています。
爪水虫の症状がみられる人は、ぜひ症状が悪化する前にクリアネイルをご使用ください。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ