爪水虫の悪循環

足水虫の多くは、指の間だったり、足の指に白癬菌がつくことからはじまりますが、これを放置しておくと、どんどん増殖してしまいます。
そしてそのうちに、足の裏の皮が硬く、厚くなったり、ひび割れやアカギレを起こしたりする、角質増殖型足白癬になってしまいます。

あなたの足の裏が、ゴワゴワやカサカサが目立つようになったら、その前兆かもしれません。

こうなってくると、白癬菌を常にばらまいている状態になっていますから、
爪や手にも感染してくるんです。

爪にうつるとそれは爪水虫と言われ、白癬菌の隠れ家のようになってしまうので、非常にやっかいです。
爪水虫と足水虫を併発している段階で、どちらか片方を治療したとしても、
すぐに感染してしまいます。

長い間、治療と再発を繰り返している人は、このような状態を繰り返しているのかもしれません。

これを治療するには、爪水虫、足水虫の両方を同時に治療する必要があります。
爪水虫には Dr.Gsクリアネイル 、足水虫にはラミシールラミシールがお勧めです。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ