爪水虫:治療してもすぐに再発する理由

病院で爪水虫の治療を行ったばかりなのに、また再発してしまった・・・・
非常によく聞く話です。

病院の治療が悪いのか、自分が爪水虫になりやすいのか、
いろいろ考えるところはあると思いますが、
一番多い原因は、医師の判断を仰がず、通院を勝手に止めているということです。

思い当たる節はありませんか?^^

なんでも、見た目がきれいになったからといって、
自分で判断して通院を止めてしまうことが多いようです。

しかし、白癬菌は感染して増殖する菌ですので、
少しでも残っていたらまた元の爪に戻ります。いたちごっこですよね^^;
”しつこい爪水虫”と言われるのは、そのためです。

なので、爪が生え換わるまでは治療が必要なのです。
爪が生え換わるのは、手で4~5か月、足で半年から1年はかかります。

病院に通院している方は、お医者さんがOKを出すまでは治療を続けるようにしましょう^^

そしてDr.Gsクリアネイルを使用している方も、
同じように続けていくことで、より再発を防ぐことができると思いますので、
見た目だけで判断せず、続けていくようにしましょう。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ