爪水虫:飲み薬の副作用

皮膚科に行くと、爪水虫用の薬としては、飲み薬が処方されると思います。
飲み薬がどのように爪水虫に作用するのか?というと、
薬の成分が血液に取り込まれて爪まで送られ、白癬菌を死滅させるんです。

一方、塗り薬は爪の奥に潜んでいる白癬菌まで浸透しにくいために、
塗り薬での治療は難しいと言われているんです。

というわけで、爪水虫を治療するには、飲み薬を使わなければならない!
と考えてしまいますが、飲み薬には副作用があるというリスクを頭に入れておかなければなりません。

病院にいくと副作用がないかどうか、血液検査でチェックしますが、
薬を飲むということは、それだけ体に負担をかけるということですね。

負担をかけるのは主に肝機能で、肝機能に問題がなければ飲み薬を使用してもよいのですが、それでも半年~10ヵ月の通院と薬を飲み続ける必要があります。
通院代も含まれるとなると、経済的にも大変ですね^^;

しかし、医療先進国のアメリカでは、爪に浸透する塗り薬が開発されています。
それが、Dr.Gsクリアネイル です。
Dr.Gsクリアネイルは、マニキュアの上からでも成分が浸透します。
今まで”浸透しにくい”と言われてきた塗り薬の弱点を克服した塗り薬ですね^^

これなら肝臓に負担をかけることなく、患部に直接働きかけることができます。
飲み薬の副作用が心配な方は、 Dr.Gsクリアネイル を使用して見てはいかがでしょうか?

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ