つけ爪がポロっと取れたら?要注意

スカルプチャー(つけ爪)が自然にポロっと取れたことないでしょうか?
その時に爪が変色していたら、それがグリーンネイルです。

グリーンネイルになるとどうなるのか?というのは、前回の記事で解説しました。

前回記事:つけ爪が原因で爪が緑色に

スカルプチャーをつけるということは、そのようなリスクがあることは知っておいた方がよいですね。
スカルプチャーをつける前は、なるべく消毒するようにしましょう。

そして、グリーンネイルを見つけた場合は、
スカルプを再びつけるのはしばらく止め、治療に専念すべきです。
ただし、スカルプを取った直後に削るのはあまりよくありません。
外した時点でかなりのダメージを受けているからです。

治療するには、皮膚科に行って飲み薬を処方してもらうという方法もありますが、
最近は塗り薬も効果的になってきました。
特に人気のある爪水虫専用塗り薬が Dr.Gsクリアネイル です。

Dr.Gs クリアネイル は、無色無臭で特許の浸透技術により、
患部にまで浸透させることのできる塗り薬です。
アメリカのネイルサロンではダントツの人気なんですよ^^

スカルプチャーをつけている人は、常備しておいても良いと思います。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ