水虫、爪水虫の治療は温かくなる前に

そろそろ温かくなって、春が近づいてきましたね^^
温かくなると気になってくるのが、白癬菌。
水虫や爪水虫の原因となっている菌ですね^^;

しかし白癬菌は、温かくなってから現れるものではありません。
実際には、寒い中で活動が抑えられているだけで、足の裏や爪の中に存在している可能性が高いのです。

特に、去年、水虫や爪水虫が治ったと、自分で勝手に判断して治療を止めた方は要注意です。
気候の影響で、単に繁殖が抑えられただけの可能性があるからです。

温かくなるころに繁殖してくると、大変なことになりますよ^^;

気になる方は、今のうちからきちんと治しておくことです。
Dr.Gsクリアネイルのような、アメリカで特許を受けて実績もある爪水虫専用塗り薬なら、そんなに余計な治療費や手間がかからないでしょう。

塗り薬だから副作用に関しても安心ですしね^^

水虫、爪水虫の治療は根気強く治すことが大切です。
途中で止めてしまうと、せっかく治りかけているのに、また繁殖してしまいますので、薬を購入したら少なくとも1本使い切るまでは使ってみることをおすすめします。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ