水虫は男性だけの病気ではありません

水虫 は、男性がかかるものだと思っている方が意外と多いものです。
お父さんが 水虫 だったという方がそのように思うのかもしれませんが、
水虫の正体は細菌なので、生き物が男性だけに感染するというのも、
よく考えてみればおかしな話ですよね?

確かに水虫患者の割合は、どちらかというと男性が多いのですが、
なぜ男性が水虫に感染しやすいのでしょうか?

実は、男性という性別が感染しやすいのではなく、日頃の環境で感染しやすくなっているのです。

ちょっと前の日本では、男性が外で働き、女性は家を守るということが普通でした。
そうなると、男性は必然的に靴を履いて長時間仕事をすることが多くなりますよね?
長時間靴を履くと、中が蒸れてきますし、中には同じ靴を何日か続けて履く方もいると思います。

水虫が繁殖しやすい条件というのは、温度と湿度によるので、
じめじめとした環境を作ると、水虫菌が繁殖しやすくなるというわけです。

なので、外に働きに行く男性の方が、水虫に感染しやすくなるのです。

しかし、最近は女性の社会進出も目立ってきていますし、
女性にも以前の男性と変わらないような環境が提供されてきています。
ということは、女性も同じように水虫菌に感染する可能性が高まってきているということです。

また、女性の場合はブーツやパンプス、ストッキングなどを履く方も多いと思います。
これらは通気性が悪いので、一般的に男性の靴よりも蒸れることが多くなります。

そうすると、女性の方が水虫菌の繁殖しやすい条件が整ってしまうということになります。
爪水虫に関しても、同じ菌ですから同様のことが言えます。

対策としては、靴を頻繁に履き替えたりするなど、通気性の良い状態を保つことです。
とにかく、温度や湿度のある環境を、長時間作ってはいけません。

もし自分がそのような環境にあるのでしたら、今すぐに対策するようにして下さい。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ