かかとのひび割れは水虫の原因に

冬になると体中乾燥してくるのですが、その時期に出てくるのがかかとのひび割れ。
これは乾燥と、踵の角質が分厚くなって、固くなるのが原因です。

特に年齢を重ねると現れる傾向があり、痛くて困っている人も多いものです。
なかなか治りにくいんですよね^^;

それだけでも困りものなのですが、さらに追い打ちをかけるような事実があります。
それは、踵の角質が水虫(白癬菌)の温床になっているということです。

角質は、白癬菌の餌になりますからね^^;
白癬菌はこの中に1年中潜むことができます。

気をつけたいところは、痒くないことも珍しくないということ。

一般に、水虫がいると痒いものだと思われがちですが、
実は痒くない病気なのです。
温かくなると痒くなることがあるので、水虫は夏に発生するものだと一般には認識されていますが、それは氷山の一角。
実は年中潜んでいるんですね^^;

踵のひび割れはさまざまな原因があり、年齢のせいにされることも多いのですが、
水虫が関係している場合もあります。
その場合は年齢に関係なく、水虫を治療すれば踵のひび割れが治ることもあります。

なので、踵のひび割れに悩んでいる方は、水虫が原因かどうか調べてみるとよいでしょう。
痛みから解放されるかもしれませんよ♪

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ