Dr.Gsクリアネイル の主成分、ベンゾルコニアムとは?

爪水虫専用塗り薬、 Dr.Gsクリアネイル は、
ベンゾルコニアム ( Benzalkonium )という成分を主成分としています。

今までの爪水虫専用塗り薬では、アルコール系を使っていることが多く、
爪に浸透するまでに蒸発してしまい、幹部に届きにくいという欠点がありました。
また、薬草系や酸素系のものを主成分にしている塗り薬もありますが、
同じく届きにくかったり、効きにくかったりなど、評判はいまいちです。

それに対し、Dr.Gsクリアネイル が使っている ベンゾルコニアム は、
逆性石鹸と同じ成分で、殺菌効果があります。
しかも、効果が持続的で爪の奥まで浸透していく特徴があるので、
非常に効果的で、評判も良いんです。

逆性石鹸は、消毒薬、うがい薬などの殺菌剤として利用され、
普段使っているものでは、リンスなどにも使用されています。

爪白癬の原因になっている真菌や、グリーンネイルの原因になっている緑膿菌には非常に効果的なんです^^

ただし、塗る部分が汚れていてそれと混ざると殺菌力が低下してしまいます。
なので、 Dr.Gsクリアネイル を使う際は、手足を十分に洗ってから使用するようにしましょう。

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ