Dr.Gsクリアネイル をより効率的に使うには?

Dr.Gsクリアネイル は、米国特許の浸透技術が使われた、今までにない爪水虫専用の塗り薬です。

詳細はこちら⇒爪水虫の塗り薬 Dr.G’s クリアネイル
Dr.Gsクリアネイル

今回はそんな Dr.Gsクリアネイル を、より効率的に使う方法を紹介します。

まず、今までの 爪水虫専用の塗り薬は、浸透技術の問題で、幹部に届くまでに成分が蒸発してしまうという問題がありました。
本来、爪は指先を守るためについているものですから、それを浸透させるのは難しいんですね^^

なので、ただでさえ爪に成分を浸透させるのは難しいのに、
爪が厚くなってしまうこともある爪水虫の症状を爪の上から対処するよりも、
飲み薬で体の内側から血液を通って、指先まで成分を届けるという方法が効果的だということで、飲み薬による治療が行われてきました。
現在の爪水虫治療の主流は、飲み薬による方法です。

もちろん、その場合は病院に行って、お医者さんに薬を処方してもらわなければなりません。
薬を飲むということは、副作用も起こりえるので、心配ですよね^^;

しかし現在、医療先進国アメリカでは、画期的な浸透技術を使った Dr.Gsクリアネイル を使った治療が主流になっているようです。
しかも、 Dr.Gsクリアネイルは、ベンゾルコニアムを主成分としており、
今までベンゾルコニアムは、医者の処方なしには手に入らないものでしたが、
アメリカではそれが市販薬として売られるようになったので、
誰でも手に入るものになったんですね!
数種類ある塗り薬の中でも評価がダントツで、今ではネイルサロンでも使われているほどです。

マニキュアの上からも使用できるといううたい文句の Dr.Gsクリアネイル 。
そのようにして使っても良いと思うのですが、やはりより効率的に使うには、
なるべく爪を削ることです。
ニッパーやヤスリなどを使うとよいでしょう。

浸透技術で患部に届きやすくなったとはいえ、
やはり少しでも無駄な障害はなくした方がよいようですよ^^

ただし、爪を深く削り過ぎると、陥入爪(かんにゅうそう)という、
横方向に爪が巻いてしまい、爪が肉に刺さって炎症を起こしてしまう症状を引き起こしてしまいます。

そして削った爪は、飛び散らないように捨てないと、周りに白癬菌を撒き散らしてしまう可能性があることも忘れずに^^;

コメントを残す

以下の計算でコメントの認証をしています。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ