巻き爪と陥入爪の違い


巻き爪と陥入爪(かんにゅうそう)は、同じような意味で使われていますが、厳密には違います。

まず「巻き爪」は、爪が内側に丸く曲がってしまう状態のことです。
酷くなると、足の皮膚を挟むようになり、激痛が伴います。
場合によっては炎症も起こります。

「陥入爪」は、爪の両端が皮膚に差し込んだ状態のことです。
皮膚に刺さっていますから、もちろん激痛が伴います。

このような状態になってしまう理由は、遺伝だったり、習慣だったりなど、様々な理由があります。
(それらの理由はまた別の記事で紹介します)

そして陥入爪の場合は、爪白癬が関係している可能性があります。
細菌が入り込むと皮膚が腫れてしまい、そこに爪が刺さります。
血も出ますし、酷いと歩くのが難しくなってしまいます。

いずれにしても、違和感を感じたら放っておかず、対策が必要です。

間違ってもしてはいけないのは、丸い形に切ったり、深爪をすることです。
これは絶対にしてはいけません。

一時的には痛みを軽減できますが、症状の悪化を促すのです。

酷くならないうちは巻き爪ブロックという巻き爪矯正キットを使えば自分で矯正できます。
(爪白癬もある場合はクリアネイルで除去する必要もあります)

巻き爪ブロックは爪の大きさや厚さ硬さなど、矯正強度から選ぶことができるので、自分でできる巻き爪矯正キットの中ではオススメです。

しかし、歩けないほど酷い場合は、病院で治療の相談した方が良いですね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ